無担保・無保証人で、8000万円の融資獲得!政府緊急特別枠の公的資金とは?

こんにちは。東京中央経営株式会社の宮澤です。

会社は11年目に入り「中小企業を元気にする」を経営理念として、
公的融資・補助金を活用するための支援をしております。

支援企業の規模は、創業まもない企業から年商100億ぐらいまで
幅広く、その数は平成29年12月末時点で4,249件になりました。

弊社の支援実績

  • 経営革新計画(中小企業新事業活動促進法、中小企業等経営強化法) 支援合格実績 4,249件

  • 研究開発型補助金(経済産業省等) 支援合格実績 348件

  • 創業融資 支援合格実績 470件

-平成29年12月31日時点-

そして、これまでに下記のような相談をたくさん受けてきました。

  • 良い計画や商品はあるが、資金が足りずに実行できない
  • 赤字でも融資を受けたい
  • 新規出店や営業拡大したいが、銀行から保証協会の枠が一杯だと断られた
  • 開発資金が足りない
  • 現在資金繰りは問題ないが、保証協会の枠は確保しておきたい

このような資金調達にこそ、公的融資・補助金がピッタリです。

  • まずは無料説明会に参加する

では、どのような方法で
公的資金を活用していくのか

現在日本政府では、やる気のある中小企業向けに特別な、公的融資支援制度を水面下で準備しています。

政府による大量の資金が市場に投入され、実は資金は溢れています。
ほとんどすべての中小企業にも絶好のチャンスが到来しています。

当然、日本経済の成長の起爆剤になる中小企業のため、金融支援や助成金、補助金などの支援策は予算がしっかりと確保され政府は助成金、補助金、公的融資など様々な資金調達手段を用意しています。

その制度の細かな内容を把握し実行するか、知らずに見逃すかでその企業の成長に今後、天地の差が開くでしょう。

それくらい重要な政府の対策があります。

ただし、これは簡単な方法ではありません。
しかし、実際に弊社のお客様でこの融資を受けた方はたくさんいらっしゃいます。

融資獲得事例

政府系金融機関
10年一括返済で80,000千円の融資!(無担保・無保証人)

業種 生活雑貨・食品卸
直近決算年商 784,000千円 既存借入金850,000千円
流れ 経営革新承認 ⇒ 融資実行

民間金融機関
3期連続赤字・債務超過でも15,000千円の融資!(無担保・7年返済)

業種 飲食業
直近決算年商 44,000千円・既存借入金14,000千円
流れ 金融機関より新規融資の否決 ⇒ 経営革新計画承認 ⇒ 融資実行

補助金獲得事例

大規模補助金
受給額:90,000千円(助成率:100%)

戦略的基盤技術
高度化支援事業
日本の製造業の根幹を支える「ものづくり認定を受けた中小企業」の研究開発。

小規模補助金
受給額:3,000千円(助成率:50%)

業種 家具小売業
販路開拓
助成事業
展示会に関わる経費が助成。
申請要件として「経営革新計画の取得企業」に紐付けされた助成金。

このようなことが、公的資金を活用することでたくさん起きています。

では、これらの会社はどのような行動をとったのでしょうか?

ただ、漠然と公的資金を使いたい、ということではダメです。
公的資金を活用するための大前提は「やる気」です。
いくら公的資金といえども、やる気のない会社には出せません。
大事なことは「やる気」です。
ただ、大切なのは、その「やる気」をどのように見せていくのか?これが案外難しいのです。

しかし、気持ちだけではダメで、「やる気」を目に見えるようにしなければなりません。

その具体的な方法を含めて、公的資金の活用について無料説明会でお話ししていきます。

  • まずは無料説明会に参加する

無料説明会に参加された方の感想もご覧下さい

-なぜ無料説明会に参加しようと思われたのですか?
助成金や公的融資を受けるのに、どんなノウハウがあるのかな、と思ってそれだけです。
-参加してみてどうでしたか?
先生の話を聞いて、できそうなんだな、ということがわかりました。
-すぐ実行できることはありますか?
いろいろな事業計画で、新規のことを日ごろ考えていたので、それを実際に実行してみようと思います。
-なぜ無料説明会に参加しようと思われたのですか?
去年の4月に介護保険改正になりまして、非常に介護報酬が下がったり、介護事業者にとって非常に厳しい状況になってしまったんですね。
ここで何かを変えないと、これから生き残っていけないというところで、今日のお話を聞きにきました。

新しい事業を始めたい、というところなんですけど、それにはかなりの資金が必要になってくる、ということで、この話を聞いて何か私どもの事業にプラスになることがあればと思って来たんですが、非常にいい話を聞けたと思います。
-なぜ無料説明会に参加しようと思われたのですか?
8年目になるんですけど、会社が。
ちょっと今、立ち上げたときのいい波が、下降線に入っていて、ただ本を作るだけではどうにも難しいんだなという現実を目の当たりにしてまして、借り入れをいろいろ考えている中で、この情報を知りまして、まずここを聞いてから動き出すのがいいのではないかと思って、とにかく楽しみに伺ったんですけど、ほんとに今日来てよかったと思います。

2016年2月に東京の帝国ホテルで行った説明会の様子

2016.02.10 東京帝国ホテル

講師プロフィール

代表取締役 宮澤猛(昭和42年11月14日生)
東京農業大学農芸化学科卒業

「中小企業を元気にする」を経営理念として、公的融資・補助金のコンサルティングを実施。得意技は「やる気」。
公的融資・補助金を出すために大事なことは、書類と面接です。
特に、面接では「やる気」が問われます。
同じ内容でも、やる気のある言葉とない言葉では結果が変わってしまいます。
私共では、書類から面接の練習まで徹底的に中小企業を応援しています。
私共の「中小企業を元気にする」とは、資金調達をして元気にするだけでなく、資金が出なくても元気にする、を目指しています。心身共に健康。

著書紹介

  • 丸善本店週間ランク (2015年)
    1位獲得

    まず読む!補助金・助成金

    まず読む!
    補助金・助成金
    著者:宮澤 猛
    発行: 2015年6月

  • 丸善本店週間ランク (2010年)
    1位獲得

    あなたの会社がもらえる!補助金・助成金

    あなたの会社がもらえる!
    補助金・助成金
    著者:宮澤 猛
    発行: 2010年5月

  •  
     

    トイレには走って行け

    トイレには走って行け
    著者:宮澤 猛  監修:内海 透
    発行: 2015年6月

無料説明会の内容

講師 東京中央経営株式会社 代表取締役 宮澤 猛
参加費用 無料
参加特典 無料説明会の後に、通常2万円/1時間の個別相談を無料にて行います。
参加対象 自ら頑張る意欲があり、設立より1年以上の中小企業の経営者(個人事業主からの通算可)
業種不問(ただし、金融・風俗関係・医療機関は除く)
内容 下記に挙げた中小企業支援策を中心に説明致します。
<融資>中小企業信用保険法の特例
<融資>中小企業経営革新貸付
<補助金>中小企業経営革新事業費補助金等
<特許料>特許料減免
<販路開拓>販路開拓のコーディネート事業

2018年度の無料説明会のスケジュール

2018年9月の説明会

大阪説明会 09/27(木) 13:00〜15:00 帝国ホテル大阪 3F 白鷺の間 受付中
京都説明会 09/28(金) 13:00〜15:00 ホテルグランヴィア京都 5F 草子の間 受付中

2018年10月の説明会

東京説明会 10/03(水) 13:00〜15:00 帝国ホテル東京 本館4F 桜の間 受付中
名古屋説明会 10/11(木) 13:00〜15:00 名古屋マリオットアソシアホテル 16F サルビア 受付中
松本説明会 10/12(金) 13:00〜15:00 ホテルブエナビスタ 2F レガロ 受付中
福岡説明会 10/26(金) 13:00〜15:00 ANAクラウンプラザホテル福岡 2F ウィステリア 受付中

説明会に参加したお客様の声

東京都
製造業
迷ったけど来てよかった。公的資金は一般的に大きな会社が使うようですが、
当社のような小さな会社でもチャレンジできることが分かりました。
大阪府
サービス業
ちょっと遅刻してしまったけど、入ったらびっくりしましたわ。既に150人以上の方が
ビシッと座ってて、すごい活気のある講演会で、参加しただけでも元気をもらいました。
北海道
卸売業
私は経理担当者ですが、この話は絶対に社長に聞かせたいと思いました。
再度、無料で相談に 乗ってもらえると聞いて、早速、社長を連れて行きました。

動画セミナー

無料説明会のご参加はこちらから

開催日および会場必須
会社名必須
お名前必須
お名前カナ必須
役職・部署名等必須
メールアドレス必須
電話番号必須
FAX番号
本説明会をどちらで
お知りになりましたか?
※ご紹介の場合
ご紹介者のお名前を
ご記入下さい









 

会社概要

代表者 宮澤 猛
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-10 東洋ビル7F
電話番号 03-6202-2333
FAX 03-6202-2335
メールアドレス info@tokyo-cm.co.jp
設立 2007年1月(平成19年)
資本金 1,000万円
従業員 20名
事業内容 経営支援(公的支援策サポート)・コンサルティング業務
経営革新等認定支援機関
20121016関東第1号 関財金1号第970号